お盆に、きゅうり、茄子と割り箸で馬や牛を作るわけ、なぜこの時期に、お盆をするのか調べてみました。

8月と言えば「お盆」ですが、ご先祖様があの世から早く帰ってくるように胡瓜と割り箸で馬を作って迎え、お盆の期間中はご先祖様と過ごします。

時期が過ぎると茄子と割り箸で牛を作り、ご先祖様をゆっくりとあの世にお見送りするというのが正しいお盆の過し方です。

江戸時代までの暦は、全国統一して「太陰暦」が使われていてお盆の時期も「旧暦」で使われていました。

明治時代になると、新政府は国際化に向けて「太陽暦」を採用し「年間行事の殆どを新暦の同月同日に移行する」という方針が出されました。

そのため、今まで、旧暦の7月に行なわれてきたお盆やその他の年中行事の日程をどうするかという問題に、各地域が直面することになりました。

関東は「新暦」を受け入れましたが、関西などの地域は「祇園祭」など伝統的な祭りが7月に集中、定着しているので、お盆は7月の地域が多いのです。

では、なぜ、8月に「お盆」をすることになったかというと、諸説ありますが、新暦の7月は旧暦の8月にあたり、農村では繁盛期で「お盆」をする余裕がありませんでした。

そこで、農作業が落ち着く月遅れの「8月13~15日」になったというわけです。

お盆に、家族揃って「先祖をお迎えする」、この時ほど家族のありがたさを感じます。視力回復 子供 アイスマイル