細野豪志氏は稀に見る政治屋だったことが判明したがよくある話

旧民進党に見切りをつけ我先に離党し 当時飛ぶ鳥を落とす勢いだった小池都知事の元へすり寄り共に新党を立ち上げるも総選挙で大敗し見事にその思惑が外れた後、無所属に転じていた有名政治家・細野豪志氏の動向が気になっていたのだが久びさに彼の名前を聞いた後、正直耳を疑ってしまったものだ。なんと自民党のニ階派に入会したというからだ。しかもいずれは自民党に入党したいとの意向のようだった。

これでは自民党がなんでもアリの政党になってしまうとか国民に対して説明がつかないとか、自民党内からも概ね批判的な意見が多いのですが、それは今自民が与党だから言えることであり、もし選挙に負け下野でもすれば一転きっと大歓迎だと思います。出来れば仲間も一緒に連れて来て欲しいとか言われるのではないでしょうか。

数が力の政治の世界ですから仲間は1人でも多い方がよいのであり、かつて除名処分にした同志をも復党させるなど して党勢の拡大を目指す自民党ですから、

何もそう目くじらを立てるようなことでもないような気がします。

しかしこれまで細野氏を支持してきた支援者の中にはついていけない人がいてもおかしくない事ではあります。アリシアクリニック vio キャンペーン